司法書士ショシ・ヨークの成功とは何か

司法書士として成功する方法を試行錯誤するブログ

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2.8%への挑戦

2014.04.03 (Thu)
2.8%とは、
司法書士試験の出願者数を母数にした、
平成12年度以降の合格率の平均である。
メンターエージェントHP参照

司法書士試験は、
誰でも受験することができる。

故に、
「合格率は気にするな」
「実質の合格率は~」などと激励される。

的を射たアドバイスである。

しかし、
司法書士試験の魅力の一つが、
この2.8%であることも否定できないように思う。

法務省が頑なに守る3%を超えない合格率...
意図的なものであるか否かは知る由もない。

伝統の2.8%、

超難関資格試験の証...

「自分より強いヤツを倒せ。」



スポンサーサイト

コメント

No title
2.8%って合格する前は、もっと甘くしてくれよって思ってましたが、いざ合格してしまうとその難易度に価値があるような気がして上がらないでいいと思ってます(笑)

Re: No title
まさぴょんさん、
コメントありがとうございます。

2.8%、受験時代はほんと憎たらしかったですね(笑)

今回の記事は、
ペプシのCMがかっこよくて、
司法書士試験に重ねてみたんです(笑)

受験時代は、
「司法書士試験」を倒せる気がしませんでした。

まさぴょんさんは今年、
「認定考査」を倒さないといけませんね!

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。