司法書士ショシ・ヨークの成功とは何か

司法書士として成功する方法を試行錯誤するブログ

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記述式の採点を研究する 第2回~傾斜配点とはなにか~

2013.08.29 (Thu)
こんにちは、ショシ・ヨークです。

今回は不毛な研究の2回目になります。(※不毛な超長文です、ご興味がない方はお控えください。)

前回の記事では、択一基準点突破者のうち記述基準点を突破する人数を平均からはじき出しました。
結果は、約53%の人が記述基準点を突破することが、おおよそではありますが、知ることができました。

つまり、上位約53%の方の点数が基準点となることが推定されます。
なので、基準点自体の予想はあまり意味がないような気がします。が、単純にそうとは言い切れないようです。

司法書士試験も時代の流れからか、記述式の答案の開示請求ができるようになったのはご存知のとおりです。
試験委員が採点する際に、明確な採点基準がもし仮になかったとしても、帳尻は合わせなければならない。
そこで、よく行われるのが今回のテーマでもある「傾斜配点」であります。

実際に、司法試験の論文式や公認会計士の論述式では行われているようです。

では、資格試験で行われる最も一般的な傾斜配点を司法書士試験に当てはめて例えてみたいと思います

まず、合格者人数を受験者ベースの3.5%前後の800人と設定したとしましょう。
次に、記述基準点を40点前後と設定します。
その後、機械的な配点で(司法書士試験は特に厳しく)採点したとします。
すると、40点を超えた受験生が500人しかいない!!となってしまいました。
合格者を500人にするわけにもいきません。
また、基準点を平均点付近になるまで下げる方法(強引な帳尻合わせ)も使いません。
そこで、受験生の出来不出来で、各箇所の配点を調整し平均点を基準点付近(司法書士試験の記述基準点が平均点に近いため)に引き上げます。
これが傾斜配点です。

方法は大きく3つの方法があるようです。

①受験者の合計点に一定の割合を加える(これは基準点調整と大して変わらないので今回は論点に致しません。)
②全体的に出来の良い箇所の配点を高くする(難しい箇所の配点は低くなる。)
③全体的に出来の良くない箇所(10人に5人程度は出来ている箇所等)の配点を高くする(基本的な箇所の配点は低くなる。)

②の方法は司法書士試験では使えないような気がします。この方法は平均点を思いっきり上げるために行われるようです。
司法書士試験の記述基準点は平均点に近いといえるのに、40点前後しかない。

なので③の方法が行われているというのが現実的かもしれません。
あるいは、3つの方式を勘案または併用して行っているとか・・・。

という具合に、いずれかの傾斜配点を行うことにより、基準点40点前後をキープします。
ぴったり40点は難しいので、比較的解きやすい年度は基準点が40点超、解きにくい年度は40点以下になるかことが予想されます。

ここに、基準点を予想する意味が少しだけあるような気がします。(そもそもこの記事が不毛でありますが・・)
今年の試験は全体的に解きやすかったか?解きにくかったか?の判断材料として・・・。

I塾のM講師は38.5点と予想されていました。明確な根拠を示されてなかったので議論の余地はありませんが、点数が採りにくかった年であるとの予想と解釈することもできるかもしれません。
(枠ズレは0点以外には特に言及されておりません。配点を明確にせずに、予想基準点を公表したのは弱冠不可解ですが…。去年と難易度ほぼ同じという意味でしょうかね。)

ここまで読んでいただいて申し訳ないのですが、この一般的な方法は司法書士試験では行われていないような気がします。

理由の一つとして、最終合格者3.5%前後は合格基準点(総合点)で調整できますもんね。

傾斜配点は行われているような気がするのですが、明確な合格点も各基準点も事前公表する必要のない司法書士試験では、そこまで40点や3.5%に固執していないような気もします。

しかし、手元にあるデータを見ると平成21年以降この数字にこだわっている様な気もします。

あるいは、上記のような一般的な帳尻合わせではなく、傾斜配点ありきで採点しているのかもしれません。

L校のN講師は傾斜配点をしていると断言してましたので、予備校独自の物証があるのでしょうかね?

もう少し僕なりに研究してみます。
自分で書いておいてどこかしっくりこない!!

減点法を使っていそうな記述式の採点であれば、配点ではなく「傾斜減点」(造語です)なるものをやっていそうな気もします。うん?結果は同じになるのか?分からなくなってきました!

今回は問題提起に留めておきます。

同志の皆様、諸先輩方ご指摘お待ちしております。

もし、傾斜配点が本当にされているのなら、記述式対策は論文式や論述式の試験対策のように傾斜配点ありきで直前期に訓練する必要がありそうですよね。
(免許税無視するとか?そういう斬新な講師もいるんですかね。記述対策受講したことないのでわかりませんが。)

「LEC様、集めた再現答案の各箇所の御社の配点と各箇所の平均点を開示してくださいませ!!」

次回はN講師の傾斜配点をもう少し細かく研究した記事を書きたいと思います。

※この不毛な研究に参加していただける皆様コメントお待ちしております。
※今回は、誹謗中傷コメントは削除させていただく場合があります。(多分しませんが・・・。)  


スポンサーサイト

コメント

No title
なるほど、いろんな採点方法が考えられますね。推理ゲームみたいですね(笑)

その傾斜配点によると「みんなが正解できる基本的事項ができたが正解率の低い応用事項ができなかった人」よりも「みんなが正解できる基本的事項ができなかったが、正解率の低い応用事項ができた人」の方が点数が高くなるって訳ですね。

他には採点者ごとのブレを調整するために、採点者ごとに偏差値化して改めて計算し直すっていうことも考えられますね。あの得点分布を見るとこの説もあり得るような気がします。

Re: No title
bassさん
いつも不毛な記事に真剣にお付き合いいただき、ありがとうございます。

なるほど、何かしっくりきますね。

僕の記事の傾斜配点って何か予備校チックなんですよね。自分で書いておきながら。
司法書士の記述式って論文式と違って、もっと機械的な気がしますよね。

もう少し勉強します!
ありがとうございました!
No title
こんばんは。
記事やコメントを読んでいるうちに、
傾斜配点ということの意味が少しずつ分かってきました。

なるほど、
「③全体的に出来の良くない箇所(10人に5人程度は出来ている箇所等)の配点を高くする(基本的な箇所の配点は低くなる。)」
の方法が採られている可能性が高いですね。

小学校のテストでも、
単純な計算問題と応用問題の配点は、後者の方が高かったですからね。
それと同じことですね。

「委任状1通」というのは、書けて当たり前だし、
もし落としても、それは単なるケアレスミスで、実力を測るという側面から言えば、それで大きく差をつけることは穏当でないということでしょう。

問題は、どこで区切るかということですね。
例えば、正答率が、
「委任状1通」90%
「譲渡制限規定の変更」80%
「役員変更」70%
「監査役設置会社」60%
「100%減資」50%
「支店移転」40%
「支配人解任:消極」30%
だったときに、
正答率60%以下のものの配点を上げて、60%を超えるものの配点を下げるとしましょう。

そうすると、
「譲渡制限規定の変更」をミスって「監査役設置会社」を書けた人より、
「監査役設置会社」をミスって「譲渡制限規定の変更」を書けた人の方が不利になりますね。

(ただ、前提として、(小学校のテストでたとえて言うと)応用問題は解けるけど、単純な計算問題は一問もできない人は存在しない、という考えはあるでしょうね。)

ところで、記事に書かれていたことから察するに、根本講師は、正答率5割前後が配点を変える境目となっていると考えているのではないでしょうか。
No title
記述式の基準点ほぼ一定については、謎が多いですよね。

ホントLECは、集めた再現答案と各箇所の平均正解率を開示してほしいものです。


Re: No title
ぶんたさん
コメントありがとうございます!

僕の記事をわかりやすくまとめていただきありがとうございます。
根本講師のいう傾斜配点は、おそらくご指摘の通りだと思います。
みんなができる基本問題や今回の不登の添付書面みたいなみんなが間違っている箇所では差はつけないという見解でしょうね。

ただここまでやりますかね?境目が曖昧になりすぎそうな気がします。
自分で記事にしていて、もっと機械的ではないかなと感じているんですよね。

bassさんのコメントやチキンさんの記事も読んでみてください。
僕より的を射てます。
Re: No title
チキンさん

コメントありがとうございます。

「司法試験の論文式では傾斜配点を行う場合があります。」
と法務省のホームページでみたこがあるのですが、司法書士の記述ではこういう公表が一切ないですよね。

開示請求ができるのに、採点方法が謎というのは不思議な気がします。

圧倒的な答案でないと全く安心できませんね。

あと一ヶ月強もあるのかぁ。

民訴0点合格楽しみにしております!
No title
以前、商業の方で時間がなくて登記できない理由だけはちゃんと書いて、その他は白紙に近い、なぐり書き状態で11.5点でした。配点として参考になると思います
Re: No title
球児さん
コメントありがとうございます。

この不毛な長文を読んでいただき、さらに、研究にまで参加いただきとてもうれしいです。
ありがとうございます。

商業登記は、毎年思ったより点数が高い方が多いと聞きますが、球児さんもその経験をされたということでしょうか?

そうであれば、もしかしたら傾斜配点されていそうな気もしますね。

参考にさせていただきます。
ありがとうございました。

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。